So-net無料ブログ作成
検索選択
5月の花 ブログトップ
前の10件 | -

ココロの記憶 「5月の花」 1ページの終わり [5月の花]

DSC05196.JPG
DSC04415.JPG↑ウワミズザクラ
DSC05175.JPG↑ヤマボウシ
DSC05351.JPG↑コデマリ
DSC05247.JPG↑ヒメシャガ
DSC04167.JPG↑ミツガシワ
DSC05274.JPG↑レッドロビン
DSC05349.JPG↑ハマナス
DSC03759.jpg↑クロユリ
DSC05336.JPG↑オキナグサ
DSC04344.JPG↑カラスノエンドウ
DSC04812 (1).JPG↑ドウダンツツジ
DSC05041-002.JPG↑シャクナゲ
DSC05352.jpg↑クサノオウ
DSC04302-001.JPG↑イブキジャコウソウ
DSC04311.JPG↑?
DSC04405.JPG


タグ:NEX 花の写真
nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 アカツメクサ [5月の花]

DSC05374.jpg
アカツメクサ。

このように沢山の花があつまっているものを集合花と言うそうです。
で、よく道端や空き地で咲いているクローバーは、これの白バージョン、シロツメクサです。

え? ご存じでした?

私の周囲でも知っていて当然!的な空気でしたが、
知らない以前に見た記憶もなかったもので。

そんな私が花を取り上げたブログですからね。
いちいち調べないと何も始まりません。

データ:NEX-6 + TOKINA AT-X MACRO 90mm 2.5


タグ: NEX
nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 アヤメ [5月の花]

DSC05431.JPG
アヤメ。

この時期、沢山花を咲かせています。
『いづれ菖蒲か杜若』。

ところが、写真に収めるのが難しい花でした。
もっと全体を入れて、
立ち姿の様に撮った方が良いかもしれないな。

所で、ふだん「いづれ」か「いずれ」のどちらを使いますか?

このことわざの場合、検索するとほぼ両方がヒットします。
私は、「いづれ」です。 
時代からすればもう昔人なのか? DSC05467(1).JPG データ:NEX-6 + SELP18105G

5月の葉 アマドコロとセンチコガネ [5月の花]

DSC05473-001.jpg
「アマドコロ」の葉。

ずっと5月で来ましたが、さすがに「5月の葉」では、
無理がありましたね。

綺麗に並んだ葉っぱが印象的です。
若芽はゆでて食べられる山菜。
花は残っていたものの少し時期が遅く花の見ごろは終わりです。

DSC05463-002.JPG
こがねでもセンチコガネ。
センチとは、雪隠(せっちん)がなまったらしい。




データ:NEX-6 + TOKINA AT-X MACRO 90mm 2.5





nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 シラン [5月の花]

DSC05495-3.JPG
シラン(紫蘭)。

私が住んで居る所では、今が旬になっきました。

本来ならば、関東から以南の九州までが自生範囲らしいのですが、
入門のランと呼ばれるほど栽培が容易なこともあって東北でも多くみられます。

DSC05460(1).jpg

DSC05241.JPG
こちらは母が育てている白花シランです。


データ:NEX-6 + TOKINA AT-X 90mm 2.5






タグ:NEX 花の写真
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 ヤマフジ [5月の花]

DSC05143.JPG
ヤマフジ。

昨日紹介したタニウツギにほど近い場所に咲いていました。

フジの花、人里ではもうほとんど見ごろは過ぎ、見飽きた方も多いでしょう。
でも、ここ東北の少し標高のある山間地では、まだまだ、つぼみが順番を待っています。

澄み切った空気の中、
見上げれば日焼けしていない新緑のミドリ、
そして白に重ねたフジの色、
ココロの中まで清々しさを感じます。

DSC05142.JPG

日本では、このヤマフジとフジの2種。
ヤマフジは木に寄生して生長を妨げるため、
植樹のない自然林でしか見られないんですね。


タグ:NEX 花の写真
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 タニウツギ [5月の花]

DSC05165.JPG
タニウツギ。

夕暮れに沈むタニウツギは、
昼間あんなに華やかだった花たちが
静かに空を見つめている様にも見えました。

DSC05173.JPG
場所はこんなところ。

DSC05161.JPG
昼間なら人里離れた山中にこの賑わい。

漢字では「谷空木」と書きます。 
谷間に生息し茎がパイプ状で空洞になっているところから来た名前だそうです。

やっぱりこれも野草的命名でした。

データ:NEX-6 + SELP18105G

※1、2枚目を少し明るく修正しました。
スマホやタブレットだと暗い部分の表現がつぶれがちですね。





nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 チョウジソウ [5月の花]

DSC05062.JPG
チョウジソウ。

丁字草の語源は、花を横からの眺めると「丁」の字に似ている、
一方では、香辛料の丁子と言う花に似ているため。
葉や茎にはアルカロイドを含んでいて有毒である。

もう少し深い意を込めた名前でも良かったと思うのですが、
人が手をかけて育てる草花と違って、
山野草の名前は、そんな所なのかもしれませんね。

実物はベリークールの一言です。
花色は濁りのないとても上品な薄い青紫、
涼しげな色合いは心惹かれます。



データ:NEX-6 + SONY SELP18105G







タグ:NEX 花の写真
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 カキドオシ [5月の花]

DSC04917-001.JPG

カキドオシ。

一昨々日紹介したオオアマナの近くに自生していた花です。
いつものように帰宅して調査(大げさですが)。
似た花が多いので慎重に。

花が終わると地を這うように延びる姿が垣根を通り抜ける勢いだとか。
その様子から「垣どおし」。
んー、そのまんまの生きている姿を現す名前でしたか。
花をつける時だけ頭を上げるのは、繁殖する上で賢い生き方です。

昔から子供の癇の虫や消炎、結石の治療、
今では糖尿病への効能もあって期待の野草です。
身近な所ではカキドオシ茶なるものもありました。

こんな小さな姿して、古くから人の役に立っていたとは。
「垣通」
今命名するならば、もう少し敬意が込められただろうに。


データ:NEX-6 + TOKINA AT-X 90mm 2.5(Canon FDマウント)




nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月の花 カモミール [5月の花]

DSC04966.jpg
カモミール。

Wikiによれば、語源は「大地のリンゴ」で、
その香りから来た意味だそうです。

リラックスできる香りとして親しまれていますが、
皮膚の修復に効果がある成分が入っているため、
気持ちを安らげるだけでなく本当の意味で体を治す効能もある様です。

やさしい香りは本当に癒されます。
今夜は、カモミールティーで。


データ:NEX-6 + TOKINA AT-X 90mm 2.5(Canon FDマウント)









nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 5月の花 ブログトップ